読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすしはミーハー

ジャニーズWESTとかそのときハマったものとか

淳太くんはアイドル

ジャニーズWEST

中間淳太くんは、「Theアイドル」だと思う。

他のアイドルについて詳しくないので比較することはできないし比較するものでもないけど、彼を見ていると「ファンがあって自分がある」という意識を強く感じます。

 

個人的に、アイドルとはファンがいて初めて成り立つものだと思っています。

アーティストと呼ばれる人たちとアイドルとの違いはここにあると思っていて、

例えば俳優やミュージシャンならば、何かを演じたり奏でたりすることが仕事で、そこにファンの視線は必要ない。

いや必要ないというか、「ファンによって形成される」というのとは少し違うんじゃないかと感じています。うまく言えないけど。

ただ、アイドルは違う。

ファンが崇め、憧れ、応援する対象になるものが、アイドル。

極端に言ってしまえば、アイドルはファンに囲まれて初めて「アイドル」になるんじゃないかとすら思っています。極端すぎたかな。

少クラで手拍子や黄色い歓声に包まれる姿こそが、「Theアイドル」なんじゃないかなあと思うんです。

勿論、その「アイドル」の型から外れることで魅力が引き出される人たちもいますが。

 

そういう「アイドル」としての意識が、中間淳太くんはすごく強いような気がします。

ジュニアとしての下積み期間が長かったからか、それとも彼自身「アイドル」に夢や憧れを抱いているのか、理由はわからないけど、そう感じます。

 

例えばこの前のヒルナンデス!で奇跡のアラジンコスを見せてくれた時も、淳太くんは「ジャスミンが大好きなんで(要約)」とさりげなーく言ってくれてました。

ファンにしか分からない言葉。

でもファンには確実に伝えていく。

テレビの向こうからその発言を聞いたときは「うわー!ありがとうー!」と叫びたくなりました。なんだか、少しだけ距離が近づいたようにすら感じた。

 

そんな風に、ファンを大切にして、ファンと共に歩んでくれる淳太くんは、本当にアイドルなんだなあと感じます。

いやまあ実際アイドルなんですけど、個性豊かなアイドルが受け入れられるこの時代で、淳太くんは序盤で挙げたような「Theアイドル」の在り方を実践してくれていると思うんです。 

 

この先淳太くんのアイドル像がどんなふうになっていくのか、変わっていくのかこの姿勢を貫くのか、なんだか今からたのしみです。偉そうに色々言っちゃったけど、本当にたのしみ。