おすしはミーハー

ジャニーズWESTとかそのときハマったものとか

平凡ブルータスとananで高木雄也さんの魅力を知ってしまった

ほんとにお前はミーハーだな!?と自分でも思うけど、でもみんな素敵だから仕方ないよね…

高木雄也さんめちゃサイコーってはなしです。

 

平凡ブルータスを買う前に棚から取ってパラパラ中のページを見たんですよ。

そしたらHey!Say!JUMPのページで、高木雄也さんがいて、ヘアスタイリングめちゃくちゃ良いなあとか思ってたらインタビュー部分の一番初めにあった「Q1 美しいとは?」の質問に「A1.自分をさらけ出す人」って書いてあってもう、もう、もう、うわああああああってなりました。

えっ、えっ、すき。好きすぎる。

なんですかその感性は。

なんなんですか。

 

わたしジャンプは本当デビュー直前からデビュー期くらいしかしらなくて、高木さんのキャラとかもしっかりわかってなかったんですけどそういう…そういうこと答えちゃう感じなんですね!?!?!?!?

 

それでそのままブルータス買って本屋さん出て、「いやあ高木さんすごいな…高木さん…」ってボーっと歩いてたんですけど、そういえば今月のananに載っていたような!?と気が付いて急いで本屋さんに戻りました…

 

ananも買う前にちらっと中見たんでけどセクシーすぎてちょっと立ち読みしちゃいけないかな…と無駄におどおどしてしまったしレジに持っていくのも挙動不審になってしまった…

 

ananも1ページの横顔とか「えっそういうお顔なんだ…」って顔のきれいすぎる造形を改めて知ったしインタビュー部分で平凡ブルータスの「自分をさらけ出す人」につながってるなあみたいなエピソードも語られていてオタクに優しいかよ!と思いました。

えーーーーすごい、すごいアイドルだ…

 

イメージがデビューしたころの細身で初々しいイメージがずっとあったんですけど(細身でもなかったのかもしれないけどそういうイメージだった)いつのまにかジャンプは10周年を超えているし、高木雄也さんも28歳なんだな…私も同じ分だけ年を重ねているもんな…

 

あとここからもう雑誌自体の話になりますけど、ジャンプに「花とジュエリーのビジネススタイル」という企画を持ってきたの天才すぎませんか???

 

みんなが着ていて馴染みのあるスーツをアイドルが着たときにこう…スタイルが同じものを着たためにアイドル性が際立っていくと思うんですけど、その彼らのアイドル性とイメージを花とジュエリーに載せるっていうのがサイコーでした…

 

このお花が素朴な感じのするものなのもよかった…

あと高木さんが付けていたトーガプルラのイヤリング、前からほしいなと思ってたやつなので好きの二乗で気が狂いそうでした。ハーーーーーーすき。

 

みんな雑誌買ってみてください…

『映画刀剣乱舞』がめちゃくちゃ好き!!!!!!

映画刀剣乱舞、観ました!!!!!

サイコーでした!!!!!!

4回観たけどまた観たい!無限に観たい!!!!!!

興奮を抑えられないので感想書きます!!!

 

※ここからネタバレになるのでまだ見てない人はご注意ください※

 

続きを読む

CDJのアンジュルムがサイコーすぎて涙出た話

 

COUNTDOWN JAPAN 1819で!アンジュルムのステージを!!初めて観られました!!!やったー!

実は大器晩成リリースの時から「めっちゃいい曲だし歌上手いアイドルいるな」と思いつつもそれ以降追えてなかったアンジュルム
最近、TLに回ってきたとあるツイート(ここに掲載していいかわからないのでツイート引用はしないのですが、ハロプロのレコーディング映像をまとめたやつ)をきっかけに「この歌がうますぎる人誰?…田村芽実さん…ウッ卒業している…アンジュルムにいた人なのか…」となり、気になっていたアンジュルム……

ライブに行きたいけど単独の雰囲気わからないしな〜とウダウダしていたタイミングでCDJ出演が決まったので、速攻チケット取りました。中高生の頃ロキノン厨として過ごした時期があったのでフェスなら抵抗がなかった。

タイムテーブル見たらまさかのZAZEN BOYSとドン被りでまじかって感じだったんですが、ZAZENに行く友人を置いて一人アンジュルムのステージに向かいました。

かなりギリギリで会場に入ったんですが、なんとか開演と同時に入場。

 

すぐさま流れ出す大器晩成のイントロ!
そして青いライトの中に浮かび上がるアンジュルムのシルエット!
からの〜〜〜「大器晩成」のめちゃくちゃ力強い歌い出し!!!!

はい、最高!!!!

もうアリーナ端で様子見してたライブキッズも一気に大盛り上がりですよ。
あのキャッチーなメロディーとダンサブルなリズムだけでもノリノリに踊りだしたくなるのに、それを歌うアンジュルムの声がめちゃくちゃ力強くてグルーヴ生み出してたらそりゃ〜〜〜楽しくなっちゃいますよ。
会場のアストロアリーナは「アーティストは良く知らないけど椅子に座りたいからとりあえずスタンド席にいる」みたいなゆるく過ごす人も割といるんですが、そういう人たちもガンガン巻き込んでた。

もうアンジュルムのメンバーみんながすっごく楽しそうで、フロントエリアで盛り上がるファンの人たちもめちゃくちゃ嬉しそうで、音楽もダンスも歌も全力なのがわかって、そういうの見てたらハッピーすぎて一人涙ぐんでました。てか今も思い出して泣きそう(すぐ泣く)
力強くて元気で明るくて前向きで希望がいっぱいだった。

CDJは年末なこともあって夏のロッキンよりもお祭り感が強いなと思っているのですが、そういう空気の中でアンジュルムがこんなに強くてハッピーなステージ見せてくれたら「2019年のわたしたち、希望しかないな」って確信しちゃうじゃないですか。

もうそういう「わたしたちがサイコーにしてやる!」みたいな力強さが良すぎて終始目を潤ませてました。
ハッピーすぎて泣くってそのこと自体がハッピーすぎる(二段階ハッピー)

大器晩成はMVも見てたんですけど、MVからメンバーが変わってるとはいえ、今の方が力強くて好きだと思えるってなんなんですか?
曲リリースしたころからさらにパワーアップしてるってことでしょ?

好きすぎる。
応援する対象として信頼できすぎる。

それから曲中の竹内さんの盛り上げ力がすごかった!
曲のラストで「たいきばーんせい!」って歌う部分の前に「みんなで行きましょう!大器晩成って言いますよ!」みたいな声掛けがあって、その合図もわかりやすかったから多分曲知らない人も入りやすかった。
結構こういう一緒に歌う系のやつって「えっいつ言えばいいの、えっ笑」みたいに戸惑っちゃうことも多いけど、合図が分かりやすいかったし盛り上げがうますぎてスッとみんなでコールできた気が…

あと「行きますよぉ〜」じゃなくて「行きますよっ!」なのがすきでした。(行きますよぉ〜もかわいいから好きだけど)
こう、煽りすらビート刻んでるっていうか…
だから見てる方も曲のノリに乗っかりやすいんだろうな。

 

そして極め付けが大器晩成の室田さんソロ!!!
最後の音高い部分、正直わたしは生であれ歌えるのかなとか思ってたんですけど(本当にごめんなさい)室田さんは歌えるし歌うんだな。
忘れてたけどハロプロってそういう努力の塊アイドル達だもんな。

あのソロ聞いた時もまた泣きました。希望すぎる…

 

周りのアンジュルム知らなそうな人たちも室田さんのあのソロで「おっ」みたいな反応してたんですよ。

「やるねえ」みたいな。

わかる。

「ふーん、アイドルね、どんなもんかな」って感じで様子見しててあのソロやられたらもう「おっ」ってなるよね。

そしてMCでの和田彩花さんの「わたしたち、CDJは2回目なんです〜!」のかわいさ!
かわいい。かわいい。
あの慈愛に満ちた眼差し、メンバーしか受けられないと思ったら観客にも向けてくれるのかよという喜び。聖母では?
和田彩花さんはステージからはけるときも最後までスタンドにまでいっぱい手を振ってくれた。かわいい。かわいい。


和田彩花さんだけじゃなくてアンジュルムのメンバーみんなが曲中めっちゃ手振ってくれて「あ、アイドルなんだな…」って実感しました。
スタンドにもめっちゃ手振ってくれるし、覗き込むみたいにして顔を合わせて手を振ってくれたのでサイコーすぎました。

 

それからラストの46億年LOVE!
めちゃくちゃ盛り上がってました。

「ノッてこう」のパートをみんなで声出すと、なんか「私たちが時代作ってくぜ」くらいの最強な人格が私の中に生まれてしまうんですけど大丈夫なんでしょうか。

ポジティブが限界値を超えてしまう。(褒めてる)


それにライブで聞いたらMVよりいい曲じゃんって思いました。
どういうこと???

声の圧がすごかった、サイコーだった。

あと川村文乃さん~~~お顔からしておとなしい方かと思ったらガンガン踊るしバキバキに煽るし完全にすきになってしまった…
髪短いのめちゃくちゃかわいいですね…長いイメージがあったけど短くても超絶可愛い…

 

川村さんは神的なタイミングで神的なブログを上げるところも好きです。


笠原桃奈さんもあんなにオーラがあると思わなかった…

ステージの両サイドにスクリーンがあって、そこにメンバーがアップで映るんですけど、笠原桃奈さんが映るたびに目がスッと惹きつけられた。
あんな最強の15歳がいてどうするんだ???


ちなみに神事務所アップフロントが公式動画をyoutubeにいっぱい上げてくれてるので、アンジュルム知らなかった方がこれ読んでたら是非見てください…
ライブ映像も観られます(神すぎる)

なんかステマというよりただただこの素晴らしさを共有したいんですよね。
アンジュルムの素晴らしい世界、みなさまにもどうぞ…みたいな…(何?)

 

Youtubeに上がってる動画とか見ても、アンジュルムの戦闘力の高さが分かってそこが好きだったんですけど、実際に生で見たら戦闘力カンストしててさらに好きになってしまいました。

2019年はもっともっと応援するぞ。

多分私は、グリッドマンみたいなヒーローをずっと待ってた【SSSS.GRIDMAN感想】

…とか酔いしれまくったタイトルを付けたけど正直グリッドマンがどんなヒーローなのかまだよくわかっていないんですよね!だはは!

多分これから話数が進んでいくうちに少しずつ分かっていくんだろうなと思うのですが…

でも初めて見たときに「あ、多分これが私の求めてたヒーローだわ」って普通にスッと思ったし、まだまだその予感は消えてないです。

(正直「ちょっとここはすきじゃないな…」って部分もあるけどまあそれはそれとしても予感は消えてない。)

今はもう、土曜深夜にテレビの前で待機してOPでグリッドマンが空を見上げてタイトルバーンって出るところで「あ~~~今週も無事生き抜きましたわ…」ってしみじみするのが毎週の習慣になるくらいにはグリッドマンを軸に生きています…

 

グリッドマンの何が良いって、戦闘シーンでグリッドマンを格好良く描いてくれるのも、ちょこちょこ入る原作リスペクトネタも、シュールな雰囲気のギャグも、キメどころでばっちり煽りまくる音楽の格好良さも全部ぜんぶすきなのですが、何よりもグリッドマンのヒーロー像みたいなのが一番刺さりました。

 

 

 

OPの歌詞で印象的に入る「君を退屈から救いに来たんだ」って部分、アカネちゃんに言っているんだろうけど私自身に言ってくれているようにも聞こえてしまったんですよね。

たとえ敵であっても(そもそも敵という概念がないのかもしれないけど)救おうとしてくれるヒーローだったら、私のことも救ってくれるんじゃないかって思ってしまった。

 

善悪で判別して悪を倒すヒーローは王道で格好良くて分かりやすいけど、大人になってくると、実際はそんなわかりやすくは行かないよなと思うようにもなってきた自分もいます。

善悪ってはっきりとは分かれていないと思うし、何をもって善悪を決めるかというのも難しいし。

だから、もし自分が悪だと判断されてしまったら、その途端ヒーローは敵になってしまうんだなと思うと完全にはヒーローを求めることができないというか、そういう気持ちを無意識に持っていたのかもしれない。

 

でも、グリッドマンはそうじゃないらしい。

倒すんじゃなくて、救ってくれるらしい。

グリッドマンは、善悪とかそういうことは関係なくみんなを救おうとしてるんだなって思ったら「あ、多分私、こんなヒーローをずっと待ってたんだな」ってじわじわ実感しました。

 

きっと私は正しくないことをしてしまったときに見捨てられるのが怖くて、見捨てないでくれるヒーローを待ってた。

 

あと私はジャニオタなのですが、アイドルを追う理由とグリッドマンを観る理由が同じところにあるなと感じています。

グリッドマンを観ていると「私って見つけてほしかったんだな」って思うんですが、これはアイドルオタクをやっている時にも思うことなんですよね。

 

私は「国民の友達」というコンセプトを打ち出しているジャニーズWESTを応援していまして、(新アルバム『WESTV!』が12月5日に発売するのでこれ読んだ人みんな買ってください) WESTのコンサートは観客と一緒にげらげら笑うような楽しさがあって、私も地元の友達みたいな感覚で応援しているのですが、そうは言っても実際は友達なわけもなくアイドルとただのファンだし「この応援、届いてる?」ってなることはあります。

だってこっちは大勢いるファンの中に埋もれたひとりだし。

 

でも、例えば「〇〇して」ってファンサを求めるうちわにアイドルが反応してくれたり「応援ありがとう」って感謝されたりすると「あ、応援してるの届いてたんだ」って埋もれていた自分を見つけてもらえたような気持ちになります。

これが一対一のやりとりじゃなくて、会場全体に「届いてるよー」って言ったものだったとしても、自分がここにいるのを見つけてもらえた、ここにいて良いんだって思えます。

グリッドマンも同じで、「君を退屈から救いに来たんだ」の“君”には私も含まれるんじゃないかと思えるから「私を見つけてくれたんだ」と思えてしまう。

 

裕太くんが、怪獣はどこから来ているのかとか、何のために戦うのかとかを考えているのも、見えないものを“見えない何か”で片づけずに、その何かがなんなのか見つけようとしてくれているってことなんじゃないかと勝手に感じています。

コミュニケーションを諦めないでくれるヒーローなんじゃないかって、希望を持ってしまっています。

 

そしてアカネちゃんも、見つけてほしいんじゃないのかなって思っています。

だから、見つけてくれなかった人たち(ぶつかってもスルーする先生、クラスメイト…)を標的にしているのでは。

アカネちゃん、身近にいたらアイドルオタの世界に引き込むけど、でもきっとその役目はグリッドマンとか立花ちゃんがやってくれるんだろうな。

 

このグリッドマンへ勝手に抱いている希望が裏切られてしまうのかどうなのかなあと思いながらも、どういう展開になってもこの先もSSSS.GRIDMAN観るし原作も観るしブルーレイ買うし今度出るソフビも買います!

中島健人さんは愛の人だし希望の人だ

24時間テレビ石ノ森章太郎物語、観ました。

ドラマの中で「愛される人は愛を返している人」的な言葉が印象的に何度も登場して、あ~~~~中島健人さんのことだな…って何度も思いました。

いや、お前は中島健人さんの何を知ってるんだよ!って言われたら本当に何にも知らない茶の間なんですけど…

 

ものすごく気持ちが悪くて申し訳ない話をすると、わたしは割と中島健人さんを推しとして追ってるとか自担として応援してるというよりは、宗教として崇めているところがあって……アッだめだ本当に気持ちが悪いな!ほんとすみません。

とにかくそういう意味で「あんな風になりたいな」っていう目標とか「こういう風にしていきたいな」っていう指標でもある、みたいな気持ちでいるんですが、それは中島健人さんの価値観に憧れたのがきっかけになってると思います。

で、その価値観のひとつに今回のドラマのキーになっていた「愛される人は愛を返している人」っていうものがあるんじゃないかなと思っていて、それがドラマで演じた石ノ森章太郎さんと重なるように見えました。

 

で、ドラマを観終わったタイミングで、中島健人さん自身がカメラに向かって「自分もアイドルとしてみなさんに愛を返していきたい」的なことを言ったのでもう、もう、あ~~~~~~~~~~~ってさらになりました…

もうすでにこの場で愛を返してるじゃん…

ドラマで得たものを届けようとしてくれてるじゃん…

そういうファンとの愛のやり取りっていうか、コミュニケーションが本当にうまいなと思います、中島健人さん………希望だ…

 

愛を返すって、他のアイドルもいろんな形でやってくれているけど、中島健人さんの愛の返し方はものすごくアガペーっていうか、分け隔て無いっていうか、例えばいろんなところで無意識に生まれてしまう差別とか生きにくさを全部ぜんぶ飛び越えて愛をまっすぐ返してくれるなと思っていて、勝手に思っているだけだけどそこにものすごい希望を感じています。

この人が、このグループがますます知られていったら、もしかしたらもっと生きやすい世界になってしまうのかもしれない…っていう希望です。

そしてそれはこの人についていけば、って一方的で押し付けるようなものじゃなくて、この人みたいにわたしもなりたいって思わせてくれるものだと思います。

 

だから、24時間テレビの番宣で「24時間、テレビを点ければそこにはいつでも僕たちがいます」みたいなことを中島健人さんが言ったとき、スッと(ああ、24時間番組をやる意味ってそういうことなのかな、いつどんな状況にあってもテレビを点ければ寄り添えるようにやってるのかな)って思ったし、「愛は地球を救う」っていうテーマも、SexyZoneが口にすると全然ヤラセっぽくなく聞こえてしまうんですよね。

嫌味とかじゃなくて、SexyZoneなら本当に愛で地球を救えるんだろうなと思えてしまう。

普段から愛を届けてくれるSexyZoneだから、信じてもいいのかなと思える。

そういうSexyZoneが見せてくれる生きやすい世界をもっともっとみんなにも知ってほしいなと思います。

SexyZoneの世界は、希望しかないので!

 

Mステ観た!やっぱりジャニーズWESTがだいすき!!!

やっぱりジャニーズWESTがすき!

ほんと言いたいのはそれだけ!

今日偶然Mステに出てるWEST観られて、あ~~~やっぱすきだな!推しててよかったし、この人たちを推すことにしたわたしよくやったな!?って思いました!!!

二次元も三次元もいろんなアイドルたちがすきなので、ついついWESTのことを追いきれてなかったけど、やっぱりWESTはわたしが好きなアイドルだった!

 

『スタートダッシュ』の始まり、背中を向けてみんなで手をつなぎあう7人を見て、あんまりにもその姿が堂々としていたのでワーッと涙が出そうになってしまった。

 

今までもMステに出る彼らを見ていたけど、やっぱり生放送だから緊張している様子がテレビ越しからも分かって、観ながら応援するような感じだったのに、いつの間にかむしろこっちが応援されるような感じになっていて、いや、最初からわたしはWESTの歌う姿に励まされていたけど、でもその時以上に力強いパワーを感じて、なんかめちゃくちゃ良かった。

 

神ちゃんかわいいし、桐山さんの歌がますますパワーアップして生放送で映えまくるし、メンバーみんな笑顔が前よりリラックスしているように見えたし、神ちゃんはかわいかったし、神ちゃんはかわいかったし………

神ちゃん、前髪のバランスが神がかっていた…年々かわいくなっていく気がするんですけど何なんですか…アイドルすぎる…めちゃくちゃすき……

 

あとお衣装もかわいいし………

あと歌う時間前よりも長くなってませんか?気のせいですか?気のせいでもいいや!ジャニーズWEST大好き!!!!

 

アイドルは人間なので、それなりに追い続けていると、ちょっと「違うな」って思うタイミングが来ることだってあるとは思うんですけど、でも根本的なところでジャニーズWESTは変わってないんだろうなーって思えるパフォーマンスだった。

あとわたし自身もまだまだ変わらずにジャニーズWESTをすきな自分でいられるんだなって思えたのもめちゃくちゃうれしい。

WESTをすきな自分がすきだなって今も思えることもうれしいし、なんか、よくわかんないけどとにかくめちゃくちゃハッピーが連鎖してます!!!

 

これからもジャニーズWESTが大好きです!!!

いつか野外コンサートやろうね!!!東京ドームでもやろうね!!!!!