おすしはミーハー

ジャニーズWESTとかそのときハマったものとか

川島如恵留くんに夢中になってしまった話

ズトーーーーーーーーン!!!!!!!って感じで落とされました。川島如恵留くんに、落されてしまいました。
そう簡単に落とされてたまるか、と葛藤はしました。
「いや、そりゃね、素敵だったよ?でもそんな落ちるって程じゃないでしょ。ちょっと落ち着きなよ笑」っていう自分と「いや認めなよ!?だってもう如恵留くんのことしか考えてないじゃん!?普段はドル誌を全然買わないゆるいオタクな癖に、今日は会社帰りに急いで本屋行って如恵留くんが載ってる1ページのためだけに800円払ったじゃん!?」っていう自分との間で、葛藤していました。
でも、気が付いたら“如恵留”でTwitter検索するのが日課になってきてしまっているので、もう、もう、認めます。すきです。めちゃくちゃにすきなアイドルです。バリバリに推しです。
自担っていう感覚(というか文化?)はまだよくわかっていなくて、「自担は如恵留くんです」と言うのには若干の照れと迷いがあるんですけど、そういうことは置いといてとにかくすきです。如恵留くんがめちゃすきです。(告白)
 
ブログでも書かないとそのうち会社で「アーーーーー如恵留くんは美しいなあ…」とか無意識につぶやいてしまいそうなのでこのパッションをここにぶつけていきます…
 
そもそも、如恵留くんを知ったのは10年ほど前のことでした。おジャンプをやんわりと推してドル誌や少クラをチェックしていたときに、如恵留くんが雑誌に載っていたのを見たのが初めてだったと思います。
その時は確かどんどん新しいジュニアが前に出てくるような時期で、わたしと友人は「また新しいジュニア来たよ…のえる…?すごい名前だねー」とか話していた記憶があります。でもそれ以上追うことはなくて、その少し後にはわたしはジャニ―ズから離れたのでそれきりの記憶しかありません。
 
如恵留くんの魅力に触れたのは、彼を知った約10年後のこと。今年の1月にジャニーズオールスターズアイランドに行った時のことでした。
たくさんのジュニアが一斉に太鼓を叩くシーンがあって、ほとんどのジュニアは太鼓に集中していたんですけど、1人だけ「太鼓を叩く姿を魅せる」ことに集中していた人がいました。太鼓に対して体を斜めにして、客席に身体を向けて叩いていて、その目力の強さと、ピンと伸びた背中の美しさに、スッと目が向きました。本当にスッと、そこを見るしかないってくらいに、目を奪われました。
それが、川島如恵留くんでした。
 
太鼓だけじゃなくて如恵留くんはダンスも素敵で、クラシックバレエみたいな踊り方がすごくわたしの好みで、「うわーやばい、如恵留くんやばいぞ」とはなっていたんですけど、「いや、落ち着け」と冷静になりたがる自分もいて、落ちるというほどにはなりませんでした。
それからJr祭に行って、如恵留くんの爆裂に美しいバク転にハッとさせられたり、『山手線外回り』でちっちゃい子たちと電車ごっこをしながら花道を歩く姿にキュンとしたりしながらも(今更ながらここまで覚えてる時点で落ちる兆候は多いにあったんだと自覚した)決定打となるほどではなく、まだ落ちることはありませんでした。
 
が、キントレ。
サマステ2017~君たちが~KING’S TREASUREで決定打を打たれてしまいました。
なんなんですかあのファンサは…!?
バルコニーに寄りかかる姿はまるでロミオ、国民に手を振る王のような気品で、流し目はドエロくて、「絶対にこいつを落とす」みたいなじっくりゆっくりなファンサで、そして誰にでも優しいあのMCですよ!?!?!?!?!?!?
な、なんなんですか…!?!?!?!?!?!?
どうすればいいんですか…!?!?!?
さらに「いいこと…する?」っていう台詞、あれ言った人天才だなー誰だろうーって思ってたらそれも如恵留君が言ったらしいじゃないですか!?!?
ど、どうしろっていうんですか!?!?!?!?
ハッ!そうか、推せばいいのか!!!!!!
って感じで、もう、ズドーンと落とされてしまいました。
 
キントレ行ってからのツイートはほとんど如恵留くんの話しかしてないです。こんな感じで。
 
まだ如恵留くんっていうよりはキントレの公演自体に興奮してる段階。



 
このあたりから如恵留くんの話ばかりになってくる。




 
如恵留くんに夢中になっていることを自覚。




 
ついに雑誌を買いに走る。


 
不安を感じつつもそれでもいい!と思い始める。

 
現在。
 
もう完全に夢中です。


如恵留くんが今に至るまでの歴史とか、考えとか、何にも知らないけど、そういうのを確認しなくても全部受け止めて応援していきたいって思うくらいには、如恵留くんのアイドルとしての姿が大好きです。
もう何があっても応援していくくらいの、覚悟を持っていきたい。
誰かのファンです、って言うことって、その人のいろんなことを抱えるということでもあると思っていて(ファンを名乗ることによって、応援しているアイドルが身内になるような感覚がある)わたしはその覚悟を持つことにずっと不安があったけど、キントレを見てからそういう不安も薄れてきているんですよね。
 
如恵留くんがどんな決断をしてどんな道を選んでも、どんなことをしても、わたしは彼を応援していきたい。

覚悟を決めました!と豪語する段階には至っていないし、自担って言う事にはちょっと…まだ、踏み切れないんですけど……(無駄にビビる)でも胸を張って「自担は如恵留くんです」って言えるくらいにもっともっとすきになれたらいいなって思います。

なんだかちょっと、わくわくしています。

ようやくラキセを観た

自分で「頑張った」と思えるまでは買わないと決めていたラキセを、今日ようやく買った。会社帰りに早歩きで新宿のタワレコへ寄って、店員さんから“3rd Anniversary”と書かれたレシートを貰った。うれしい。

再生して、まずWESTが登場しただけで泣いた。楽しい空間すぎて。

わたしはびっくりするくらいすぐ感動して泣く人間だけど、まさか自分でも登場シーンで泣くとは思わなかった。

序盤のMCで、重岡さんが「いくぞー!!!」と叫んだときの笑顔がとても素敵だった。

あるフォロワーさんがこの「行くぞー!」について、“絶対的な信頼と安心と安定と安全を与える”とおっしゃっていたけど、本当にその通りだなあと思う。

この人はわたしを悲しませたりしないだろう、と確信を持てる安心と安全が重岡さんにはある気がしている。それも優しく手を引くような感じではなくて、ダッシュで先に行ってしまうから追いかけなくちゃ!とわくわくさせてくれるような感じだと思う。

そんな力強さを持っているのに、Lovely Christmasでは一転して愛おしそうに客席を見て微笑む重岡さんがアップで映されているからずるい。ずるすぎる。わたしもそんな良い表情が出来る人になりたい。

 

爆笑したり泣いたりして、あっという間に本編を観終わった。

観終わってから、ラキセが発売したころから身の回りの環境は変わっても、自分の「ジャニーズWESTがすきな気持ち」は変わっていなかったことに気が付いて、安心した。

ここに戻ってくる場所があるから、まだまだ頑張れるな、と確信した。

SHOCKの話

SHOCK、観てきました。

もう、もう、なにもかもが素敵すぎて、一幕が終わって幕間に入った瞬間に、「す、す、す、素晴らしすぎない…!?」と隣で見ていた友人に話しかけるほどでした。

これがわたしの見たかったエンターテインメント、わたしの見たかったジャニーズの姿だ…としばらく呆然としてから、ハッとしてパンフレットとお写真を買いに行きました。

姿勢が良くて手先や目線の運び方までダンスが美しかった松田元太さんと、一歩踏み出す仕草にすら感情がこもったお芝居をしていて笑顔がキュートだった松倉海斗さんのお写真。

生まれて初めて買ったジャニーズのフォトセットとステージフォトでした。

「松田君と松倉君のフォトセットをください」と声に出すときは若干緊張しました。

ちなみにこの二人をお目当てに見に行ったというわけではなく、むしろ松松コンビは名前を聞いたことがあるくらいだったのですが、二人の姿を舞台で拝見してから「あの二人は誰!?」となり、台詞中で名前を呼ばれるときに必死に名前を確認したという次第でした。偶然にも素敵なアイドルに出会う事ができて幸せです。

 

舞台自体は“Show must go on”をテーマに分かりやすいストーリーで面白かったです。ここで急に歌うの!?っていう展開も無くて、全て流れが分かりやすかった。

ジャニーズの舞台って、ジャニーズを好きな人にしかわからない文脈が多いと思っていて、例えばそれはジャニアイで勝利さんに亡くなったお父様への想いを語らせるような演出に現れていると思うんですけど、SHOCKはそれが少なかったように思いました。

わたしはこのジャニーズ文脈がすごく好きで、これは演じ手であるアイドル自身を見に行っている観客のために構成されているエンタメだからこそ成り立つものだと思っているんですが、これは初めて彼らを知った人からすると内輪ネタっぽくなる側面もあるなあと思っています。

その点SHOCKは、もちろんそれらしい文脈はありましたが(というかそもそもShow must go onという言葉をアイドルたちに言わせる時点で思いっきりシニカルなジャニーズ文脈が成り立っているんですが)役者たち自身を知らなくとも楽しみきれるものだったのではないかと思います。

Show must go onの精神は、醜くて、必死にもがいているようで、だけどどうしようもなく美しいんだなあと、舞台を見て思いました。

 

以下、印象に残ったことを箇条書きで。

・後半にも関わらずジュニアくんたちの声が枯れたりしていなくて、「歌える人を選んだ」というパンフにあった光一くんのこだわりを感じた。歌がどのシーンでも、誰のパートでも力強くて素晴らしかった。

 

・ほとんどの音楽が生音なのも素晴らしかった。やっぱり生だと迫力があって、良い緊迫感が生まれていた。

 

・2幕の最後、立っていた階段のセットごと回転する場面で、BGMを口パクで熱唱する寺西君。可愛すぎた。

・↑と同じシーンで松田元太君はニコニコ笑いながらリズムに乗って手を叩いていた。かわいい…

・寺西君は幕が下りるとき、客席に向かって手を振っていたんだけれど、客席からも振り返されたことに気が付いた途端にブンブンと力強く手を振っていた。かわいい…子犬のよう…めちゃめちゃ背が高くてスタイルが良かったけど子犬…

 

浜中文一さんのオーラ。歌いだした途端に自然と目が向いてしまうようなオーラがあった。

 

・光一さんと屋良くんの二人だけが舞台に立って、無音の中太鼓を叩き出す終盤のシーン。気迫がすごかった。始まる前に二人が目を合わせて、気合を入れてから叩き出すまでの緊張感。ベテランの二人がこれだけがむしゃらに、本気でやっているところを間近に見られるジュニアくんたちは幸せ者だなあと思った。こんな風に真面目に真剣に、ダサいくらいに本気で挑むことがかっこいいんだってこと、きっと若手ジュニアの彼らにも私以上に伝わっているんだと思う。

 

・↑のシーンの後、全員で踊る場面。おそらく体力も一番きつくなってきているところで、全員がとにかく真剣に踊っているのが本当に美しくて、涙が出た。

 

わたしは頑張っているひとが大好きで、そういうアイドルの姿を追い求めているんだけれど、SHOCKは全員が本気で挑んでいて、がむしゃらで、妥協を許さなくて、帝国劇場にも観客にも真摯で、美しくて、ほんとーーーーーーにかっこよかった。わたしの見たいアイドルがあのステージにいた。

 

終演後、一緒に観ていた友人と「公演があるときにはまた必ず行こうね!」と約束しました。別れるまで何度も「よかったね、よかったね」と話していました。それくらいに、SHOCKは素晴らしい舞台でした。

日記 3月16日

ヒルナンデスの台湾ロケを見る。タイトルコールを言うお淳太の笑顔がいつもよりリラックスしているように見えた。そしてそれを見てワイプで微笑む桐山さん。どちらも素敵だなあと思った。大切なもの、愛おしいもの、良いと思えるものに対して素直に愛情を向けることができるの、本当に素敵だしそんな風になりたい。

出かける用事があったのでヒルナンデスは途中から録画して家を出る。予定まで時間があったので文庫本を買って喫茶店に入った。珈琲を飲みながら本を読んでいると近くのテーブルのお客がセイウチとトドの違いを熱く語りだした。耳の作りとか、ひげの多さとか、とにかく詳しい。ニューヨーク暮らしのエッセイを読んでいたんだけれど、完全に頭の中はセイウチとトドに支配されてしまった。水族館に行きたくなった。

用事を終えた帰り、気になっていた近所のカレー屋に入ってみた。店内のテレビで『モニタリング』が流れていて、泣きそうになったり笑いを堪えたりしながらマトンカレーを食べた。おいしかった。サービスでラッシーをもらった。

カレー屋からの帰り道、冬の大三角形のようなものを見つけた。星に詳しくないので断言できないけど、きっと冬の大三角形。田舎な地元でも見つけたことが無かったのに、うんと都会なトーキョーで初めて見つけたのはなんだか面白かった。

 

日記 3月13日

まだ寝ていたいなあ、とベッドの中でゴロゴロしながらツイッターを開いたら、桐山さんの舞台決定のニュースが飛び込んできた。一気に目が覚めた。サンシャイン劇場は昔に一度行ったことがあるけど、演劇向きの比較的小さな会場だった記憶がある。あの会場でお芝居をする桐山さんはどんな感じなんだろう。チケット取れたらいいなあ、と考えながら家を出た。駅まで歩く間に『Unlimited』をウォークマンで聴いた。

エエやんけェ!!はジュリアナなのかギャルなのか考えてみた

 なうぇすとの楽曲について感想を書いていたらエエやんけェ!!を掘り下げすぎて長くなったのでこれだけひとつの記事としてまとめます。なんか偉そうに色々言ってますけど全部ウィキとかからの情報なんで鵜呑みにし過ぎないようご注意くださいね…!「そういう考え方もあるんだあー」程度で読んでいただければと思います。↓

 

 なうぇすと3曲目に収録された『エエやんけェ!!』。アカンLOVEに次ぐパラパラ曲として、さっそくコンサートツアーでも盛り上がっていました。

 ただ、アカンLOVEよりも90年代後半っぽさがあるというか、ますますギャルっぽく(ここで言うギャルはルーズソックスにミニスカート、みたいな90年代後半によくいたギャルのイメージ)なっているというか。でもコンサートでは扇子を振ってたし服装的にはバブル寄りなイメージなのかしら、そういわれたらジュリアナのイメージも浮かぶし…。

 

 そこでジュリアナなのかギャルなのか気になってしまってとりあえず「パラパラ とは」でググってみました。初めて知ったんですけど、パラパラってバブル期のブーム(第1次パラパラブーム)から→ジュリアナブームによる一時的なパラパラの衰退を経て→じわじわとJ-POPにも浸透し始めて(第2次パラパラブーム)→ギャル間でのブーム(第3次パラパラブーム)って形で流行ってるんですね、へえー!

 第1次は結構爽やかゆったりめのユーロビートって感じが主流だったらしいんですけど、第2次パラパラブーム期であった1990年代前半~中盤のバブル後期になるとテンポが速くなるらしいです。で、この時期に出たV6さんの『Music for the future』は当時流行ったこの「やや速めのユーロビート」に影響されているそうな。なるほど!?確かに若干のパラパラ感がある!おもしろ!!

 そして90年代後半から2000年代前半になるとさらに第3次パラパラブームが起こり、ここでキムタクがスマスマでやっていた「バッキー木村」とか、ギャル間でのブームとかが出てくるらしいです。ここら辺は『Music~』よりはもっとギラギラした曲が多いし、パラパラと言われたときにイメージする曲調とダンスで構成されている印象。

 

 で、アカンLOVEは結構『Music for the future』に似ているなあとも思っていて、ということは第2次パラパラブームの雰囲気が強いと考えられます。一方で今回のエエやんけェ!!はなんとなくキムタクが踊っていた『Night of Fire』とかミッキーマウスマーチのパラパラバージョンに近いギラギラ度の強い曲調なので第3次ブーム…つまり90年代後半のギャルやキムタクが踊っていたものに近いと考えられるわけです。

 ジュリアナのダンスは扇子を使うのでパラパラとは別のもの。さらにダンスに使われていたハードコアテクノ(ジュリテクと呼ばれているらしい。TRFのgoing2danceとかが当てはまるらしい)は『Night of Fire』よりもっと重めで第3次ブームの曲調とは別物って感じがする。ということはエエやんけェ!!の曲調とダンスはそれぞれ別のジャンルに所属していたというわけです。

 

 つまり表にするとこういうこと。(スマホの方は表の上で縦方向にスライドすると下まで見れると思います)

  ダンス(扇子の有無) 音楽
ジュリアナ ジュリテク
パラパラ × ユーロビートを主とする
アカンLOVE × 第2次パラパラ的
エエやんけェ!! 第3次パラパラ的

 

 つまり、一時はパラパラブームを衰退まで追い込んだジュリアナとそのジュリアナを乗り越えた第3次パラパラブームの二つが、ジャニーズWESTによって共生を果たしたわけですよね!?

すごい、すごいぞエエやんけェ!このダンスと音楽を組み合わせたスタッフの方々!!そしてそれを実現させたジャニーズWEST!!!まじであんたはサイコーや!!!

 

 はー満足…。すべてわたしの感じた楽曲とダンスの印象なんで、作曲者と振付師の意図と違っている可能性は大いにあります。音楽理論とかダンスの振りまで分析できていないので…。なので、こじつけでの進め方にはなってしまいましたが、とりあえず結論としては、「エエやんけェ!!はジュリアナでもありギャルでもある奇跡の一曲」ということで終えたいと思います。すごいぞジャニーズWEST

重岡大毅になろうとした話

一週間くらい、自分を重岡大毅だと思って過ごしていたことがある。

何言ってんだこいつヤバいなって思うかもしれないけど、(実際今になってみると自分でもヤバいとしか思えない)それくらいわたしは重岡さんのようになりたかった。あたたかくて、まっすぐで、凛としていて、努力家で、諦めない強さを持っている、そんな重岡さんのようになりたかった。

 

例えば笑うとき、考え事をするとき、何かに挑戦するとき。

重岡さんだったらきっと思い切り笑うだろうなとか、ここで妥協しないだろうなとか、そういうことを考えて自分の行動を決めていた。実際そういう風に自分と重岡さんの像を重ね合わせていくことで、わたしの思う重岡さんは自分に取り込めたような気がした瞬間もあった。例えば少しだけ笑いのツボが浅くなったりとか、そういう程度のことだったけれど。

…ここまで文字にして自分が相当にヤバいことをしていたと自覚できたけど、当時は色々としんどくて他人に縋っていたかったんだと思う。…というか思いたい。

自分の考えだけじゃどうにも活路が見いだせないとき、人は先人の書いた本を読んだり周囲に相談したりするけど、わたしにとっては「重岡さんになりきること」がきっとそれだった。いつも楽しそうに心からの笑顔を見せている彼になりきれば、わたしも良い結果を出して心から笑えるようになるんじゃないかって、割と本気で思っていたのだ。

 

まずは、彼のように思い切り笑うことを真似することから始めた。

テレビやDVDで観るコンサートのMCで彼が笑うときに一緒に笑ってみた。(気持ち悪いオタクで本当に申し訳ない)冷めていると言われがちなわたしと比べて重岡さんは良く笑うんだなあということに気が付いて、意図的にもっと笑うようにしたりしていた。

そうして縋ってなりきって、どうしたらこのしんどい局面を乗り切れるのか、考えていた。

重岡さんならきっとここでへこたれない。もっともっと努力するはずだって言い聞かせていた。

 

そうやって一週間くらい過ごしてみたけれど、結果わたしは重岡さんにはなれなかった。なれたらびっくりどころの話ではないのでこれが当然な結果だ。

もしかしたらほんの少しだけポジティブになったかもしれないけど、大した差ではないし果たしてなりきった成果なのかもわからない。

そもそも、わたしの知る重岡さんはアイドルの姿だけで、その笑顔の裏にどんな思いがあるのかとか、どんな考えを持っているのかなんてことは分からない。当たり前だけれど重岡さんのことを知っているのは重岡さんだけだった。

そしてわたしは、どうやったってわたしにしかなれなかった。

 

今になってみると狂気じみていたとしか言えない一週間を終えてから、半年ほどになる。あの時はよく笑うように意識していたけれど、今はそのような意識もしていないので無表情でいることも多い。元々そんなにニコニコしているタイプでもなかったので、わたしにとっての普通な状態に戻っただけだ。

リアクションとかそういう部分はこれまでのわたしのものと変わっていない。

ただ内面は少しだけ変わった。

前よりも挑戦的になったし、前向きになった。

でもそれは、重岡さんになろうとしたことが直接の原因じゃないのかもしれない。WEST全体の明るさに影響された部分も大きいと思うし、友人や別の経験から影響されたこともあると思う。あの一週間で得られたものが結局何だったのかは、はっきりとはわからない。

 

これまでに、2回コンサートに行った。重岡さんを初めて生で見たのは、24コンだった。

重岡さんは、わたしが必死に想像して取り込もうとしていた像よりもずっと明るくて、うんと優しく笑う人だった。

スタンドからステージを見下ろしながら、「やっぱりあんな素敵な人になりたいな」と願う自分と、「あんな素敵な人にはなれやしないな」と諦める自分がいた。それでもやっぱり、重岡さんになりたいという気持ちは無くならなかった。

 

どんな人なのかわかりきっていない分、追いかける像は曖昧だ。それでもわたしが見た彼のように、優しくて強い人になりたいと思ってしまう。今は、その像が正しいかどうかということは考えず、重岡さんを通して知った自分の理想を目指してみようと思っている。縋るようになりきるのではなくて、今度は自力で変わっていけるような方法で。