読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすしはミーハー

ジャニーズWESTとかそのときハマったものとか

なうぇすとコンに行ってきました。

※なうぇすとコンのネタバレあります。これから入られる方は読まないほうが楽しめるかと思います!

 

なうぇすと横アリ(5日2部)に行ってきました。センステ横すぐのめちゃめちゃ良い席で、もう触れるんじゃないかってくらいに近くて思わず笑ってしまいました。人ってびっくりし過ぎると笑うんですね。あんなに近い位置でアイドルを見ることなんてもう無い気がします。…いやまたあったら嬉しいけれども!

コンサート自体もすごくたのしくて、笑い過ぎて終演後しばらく顎が痛かったくらいでした。

以下ざっくりしたレポもどきと感想です。

 

・お衣装が素敵すぎた。

ちょっともうどの曲か覚えてなくて申し訳ないんですけど(多分チョエク)濵田さんにビッグサイズのデニムコートみたいなお衣装着させた人どなたですか?天才じゃないですか???リア恋みがすごかった。それからたしか同じ曲でファー付きの大きめフードが付いたお衣装を淳太くんが着ていました。それがもう、似合い過ぎているし、しかもそこにサングラスかけてたんですよね。それで自分のパートが来るまで確かフードをかぶって踊っていた…。「て、天才~~~!」って叫びそうになりました。それから小瀧君はたしかスパンコールと何かの布(ざっくり)の素材違いでビックサイズのMA-1みたいなものを着ていたんですけど、スパンコールのキラキラしてゴージャスな雰囲気とビッグなシルエットが似合い過ぎててこれも天才でした。もう天才しかいない。

あとりゅかみちゃんのI got the FLOWでは二人ともテーマは同じお衣装だったと思うんですけど、流星さんがラグジュアリーな感じ(自分で言っていてもよくわからないけど流星さんの私服に装飾が増えた感じ?)だったのに対して神ちゃんはコンパクトなシルエットのお衣装で、色使いも蛍光色がメインで使われていたのが面白かった。二人の違いがイイ感じに出ていました。

ただ衣装周りに詳しくないので、ここにあげたお衣装は全部新衣装じゃなくて既出のもののような気もしている…いや、だとしても素敵でした。

 

・勝負曲が変わった(ような気がした)

今までだったら、ええじゃないか・ズンドコ・ジパングあたりはキラーチューンとして前半のセトリに入れられていたと思うんですけど、今回は終盤ラストスパートでメドレーの中に組み込まれていたのが新しい挑戦だと思いました。もうこれらの曲に頼る段階を超えたっていう認識が彼らの中にあるのか、それともそろそろ頼る姿勢から脱しないといけないっていう焦りがあるのかは分からないんですけど、ジャニーズWESTはもう今までより上のステージに立っているんだなっていうのは見ていて感じました。代わりにキラーチューン的に組み込まれた曲がチョエクとかワンチャンとかっていうのも面白いなって思います。全く違う方向で攻めているというか。今回はパリマニが一曲目だったこともあって、セトリ全体がかっこいい系の印象強めでした。今まではお笑い要素強めの明るい曲が勝負曲だったのに、今回はかっこいいものを勝負曲にしていくっていうのが、ジャニーズWESTの進化過程を見ているみたいでわくわくしました。あと多分みんな待っていたんですよね、ワンチャンとかチョエクみたいな攻め攻めの曲。この2曲はイントロが流れた瞬間の歓声が特に大きかったような気がします。

 

ダンスパートがとてもよかった

Believer(多分)に入る前で全員のダンスがインターバルとして入ったんですけど、これがすごくよかった。他グループでもあるようなスポットライトとうまく組み合わせたダンスだったんですけど、とにかく格好よかった。多分こういうダンスパートはこれからもっと増えていくんじゃないかなって思うんですけど、どうなんでしょう。個人的にはすごくよかったからまたやってほしい。

 

・King of Chanceの演出を考えた人は天才

ツインをソファに座らせようと最初に言った人に1億円あげてお礼を言いたい。脚が長い。顔が綺麗。ハイカーストな雰囲気がビシビシ伝わってくる。天才。天才。

それから神ちゃんのトランペットは本当に凄い。トランペットは向き不向きもあるうえに簡単に習得できる楽器じゃない(と認識している)から、あそこまで演奏できるのは素晴らしいと思う。神ちゃんがトランペットを吹くらしいという話は聞いていて、エイトみたいな感じでバンド編成かな?と思っていたらまさかのKing of Chanceでたまげた。そして序盤だけ吹くのかと思ったら結構しっかりずっと吹いていてたまげた。やっぱり神ちゃんは努力の人なんですね。

 

・無鉄砲ボーイのあのカメラ付きマネキンの演出を考えた人も天才

本当に天才。所謂夢的な視点が生まれるわけじゃないですか。しかもステージも見えるから夢的な(主観的な)視点だけじゃなくて俯瞰もできるわけで…すごい、本当に天才。思いつきそうで思いつかない。ステージを見ているだけだと笑えて来るんですけど、「それも必死にアプローチしているのにどこか滑稽」っていう曲の雰囲気にすごく合っていて、なんかもう…天才だなの一言です…ありがとうありがとう……

 

・KIZUNA

ラストに歌われたKIZUNA。トリ曲は、なうぇすとのアルバムか、最近のシングルあたりから選ばれるものだと思っていたから、ちょっと意外ではあった。でもジャニーズWESTって、いつも最後の曲に特に強いメッセージを込めてくるような気がしていて、このタイミングでKIZUNAを歌ったのはきっと彼らにとって大切な意味があるんだろうなとも思いました。歌詞がね、泣けるんですよね、これ。夏の歌ではあるけれども。

はまこたの二人が確か隣合ってたんですけど、二人で楽しそうに顔を見合わせながら歌っているのがすごくよかった。こっちまで幸せになった。「この声届くまで」の時とか特に楽しそうで。この二人がしっとり大切そうにこの曲を歌っていたのに対して、センターの重岡さんは足を大きく開いて前のめりになるみたいな姿勢で歌っていたのがすごく印象的でした。どんな思いで歌ってたのかとかは分からないんですけど、わたしたち観客に強く届けようとしてくれていたような気がする。重岡さんらしい歌い方だなあと思った。

それから終盤の濵田さんのフェイク(で、合ってる?)が、すごくすごく力強かったのも印象的でした。ぐわっと伝わるものがあったというか、何かは分からないけど強い思いみたいなものが、確かに届きました。

 

ジャニーズWESTの理想みたいなもの

最後の挨拶あたりで、「元気がないとき、笑いたいときにジャニーズWESTによってホッとしてもらえたり、前向きになってもらえたら」的なことを言っていた桐山くん。

もうとっくになってるよ、笑顔にしてもらってるし、元気をもらってるし、癒されてるし、背中を押してもらってるよ、と叫びたかった。わたしが受け取ってきたジャニーズWESTと、彼らの目指すジャニーズWESTが一致していたことを知れて嬉しかった。

 

わたしは24コンが初めてのWESTのコンサートだったので、彼らのコンサートはこれが2回目になるんですけど、わたしたちファンとの対話をすごく大切にしてくれているグループだなって感じます。今回も、トロッコでも行けない端の席まで重岡さんが走っていったりとか、最後の桐山くんの言葉とか、いつも丁寧なあいさつをしてから終わっていくこととか。一緒に入った友人は「WESTはファンサが少ないね」って言ってたんですけど、まあそれはそれとして…わたしたちとのコミュニケーションをすごく大事にしてくれていると思います。

前回はスタンド席で遠くて、今回はセンター席で近すぎるくらいだったんですけど、どちらの席にいても、WESTはファンを置いてけぼりにしないし、友達みたいな距離感で楽しませてくれるなあと感じました。

多分WESTは今進化過程にあって、これまでのWESTらしさも少しずつ変化していくと思っているんですけど、それでもこのファンとつながろうとする思いの強さは無くならないといいなあと思います。というか無くならないと信じている。(いやそれは重いかな。わからんな)

なんかもう、行くたびに「はあ~ジャニーズWESTがすき!たのしい!」ってなれるのが、本当に幸せです。また色々頑張って、コンサート行くぞ。