読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすしはミーハー

ジャニーズWESTとかそのときハマったものとか

VBBの神ちゃんは、サイコーにギラギラしていた

ありがたいことにチケットを譲っていただけまして、先日VBB大阪公演を観劇してまいりました。

まだ千秋楽前でもあるので細かいレポートやネタバレは伏せつつ、舞台を見て感じたことをざっくりと書いていきたいと思います。

舞台自体もすごく面白かったので色々と書きたいところではあるんですが、とりあえず今回は神ちゃんに関してだけ。

 

とりあえずブログ用に幕間でババッとスマホに打ち込んだメモには、

「声やばい 神ちゃんが動いてる歌ってる話してる」

と書いてありました。楽しそうだなわたし。

そもそもジャニーズWESTをすきになって神ちゃんを知ったのが今年の夏だったので、テレビ越しではない生の神山智洋くんを見たのがこの舞台が初めて。そういう理由もあって、神ちゃんが最初に登場した時の一番の感想は「い、生きてるー!!!実在してる!同じ空間にいるー!」っていうものでした。

演技云々の前にまず存在に感動。

 

で、演技やらなにやらに関する話としては、神ちゃんの持ち味である過剰ぎみな演技が舞台上ですごく活かされていたなあと思います。

舞台でもコントでも何でも、神ちゃんは役にしっかり入り込むタイプだなあと感じていて、それは周りが入り込めていなかったりすると浮いちゃってるように感じることもあるんですけど、今回の舞台ではその過剰さが活かされていた気がする。

あと神ちゃん自身がノリノリで演技をしているように見えて、すごく観ている側としても楽しめました。

あと神ちゃんは声が…、声が本当に綺麗でよく通りますよね…!!!

爽やかな声で本当、生で聞けて良かったなあと思いました…役柄にも合っていたと思う。

役柄と言えば、今回本当に神ちゃんが愛される役どころで、いい役をもらったなあと感じます。

ただ今回は周りが引き立たせてくれたというか、ゲストとしてフィーチャーしてくれた面もあるのかなあと感じているので、いつかゲスト感無しに活躍する姿を見たいなあと思います。それからもっと深みのあるというか、闇のある役も見たい。

 

そんなこんなで色々と感じることのあった舞台だったんですが、一番印象的だったのはカーテンコールでお辞儀をする神ちゃんの姿でした。(お前前回に続いてまたお辞儀の話かよって感じで申し訳ない)

神ちゃんは確か他の役者の方々が礼をした後に一人で出てきてお辞儀をしたんですけど、その姿がすごく印象に残っています。神ちゃんのお辞儀は他の方よりも長くて、頭の位置も低いように感じました。

舞台に出られていることを噛み締めているような、本気でこの舞台に挑んでいることが伝わってくるようなお辞儀で、なんだかそれを見ただけでぶわっと泣きそうになった自分がいました。

 

本気で挑むことって、大人になる程難しくなっていく様な気がします。 失敗した時のリスクはどんどん大きくなるし、本気になること自体格好悪いし夢見すぎっていう空気は、あると思うんです。 神ちゃんはきっと、デビューまでにもそういう空気のなかを全力で挑んできた人だと思ってるんですけど、デビューした今もその姿勢を続けていられるのが本当に格好いいなあと感じました。

生き生きと目の前のことに挑みながら、「もっともっといろんなことをしたい、高みに挑戦したい!」とも思っている気持ちがありありと伝わってくるようでした。

 

長々と書いてしましましたが、この経験が神ちゃんに何か大きなものを与えるものになったんだろうなと、感じることのできた舞台でした。

これからも、ギラギラと挑戦を続けていく神ちゃんを見ていきたい。